Menu Content/Inhalt
Home arrow 設立の趣旨
設立の趣旨 メール
【最新ニュース】
2018年度第2回セミナー申し込み
高次脳機能障害のリハビリ~ワークショップで作る実践プログラム
①ワークショップ「落語 ザ・リーディング」:大塚みどりさん(女優)
②講演:「高次脳機能障害の回復をうながすために」渡邉修さん(医師)
日時:11月17日(水)13:30~16:30
場所:新宿けやき園1F地域交流スペース(新宿区百人町4-5-1)

 ある日、突然襲った事故や病気で脳に起こった異変によって、引き起こされた高次脳機能障害。
事故や病気の苦痛だけではなく、仕事や学業、日常生活等にも様々な困難が生じています。
現代社会では誰にでも起きる可能性のあることですが、現状では、医療や福祉制度等社会的な支援もまだまだ十分ではありません。
 こうした社会の状況を変え、高次脳機能障害があっても、当事者の方々が人生をあきらめずに、希望を持ってもう一度人生のスタートラインにたつことが出来る様な支援を一緒につくり出していきたいと考え、NPO法人VIVIDを設立しました。

  VIVIDは専門職の集まりとして次の事業を
行います。
高次脳機能障害に関する調査・研究活動を行い、障害への理解を社会に広く普及啓発し、当事者や家族が気楽に気持ちを分かちあえる居場所づくりと生活相談等の事業を
通して、誰もが自分らしく暮らすための社会の仕組み作りを行います。
 
  ☆今を変えるために☆

 調査研究
高次脳機能障害者の在宅生活に関する調査・研究
在宅生活におけるケア研究会
 高次脳機能障害に関する理解の普及啓発
障害理解のためのセミナー
  その他イベントの企画・運営
 高次脳機能障害者の居場所の提供 
  ミニデイサービス
  生活支援なんでも相談
  成年後見制度利用に関する相談支援
  雇用機会の拡充を支援する活動

☆未来をつくるために☆ (今後の目標)

まだ自ら障害の認識を得る機会がない当事者の掘り起こしのためのアセスメントツールや社会復帰のための支援プログラムの開発などを目指し、誰もが安心して暮らせるための社会への貢献活動を目指します。
 高次脳機能障害アセスメントシートの開発
 社会復帰のための支援プログラムの開発
 小規模多機能型サービスの提供
                             2007年3月3日 設立総会

 
 【 連絡先 】
〒161-0033
東京都新宿区下落合4-20-16
ソレイユ目白103
TEL:03-5849-4831 FAX:03-6908-3664
お問合せフォームはこちら